プラセンタで良質な睡眠を!その働きと効果をご紹介します!

睡眠は、疲れた体を癒やすために重要な役割を果たしています。「最近、眠りが浅い…」「疲れているのに眠れない…」という睡眠の悩みを抱えている方は多いと言われています。その悩みは、美容成分で有名な「プラセンタ」で解決できるかもしれません!今回は、睡眠とプラセンタの関係についてご説明します。

プラセンタって何?

プラセンタとは、動物の胎盤から栄養素を抽出した物質のことです。胎盤には、子供が母体で成長するために必要な栄養素が蓄えられています。プラセンタの主な効果は、美肌・美白作用、自律神経を整える作用、新陳代謝の活性化など様々です。

睡眠の質が落ちる原因は?

睡眠の悩みは、眠りが浅い、寝たいのに眠れない、早朝に目が覚めるなどがあります。では、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか?
睡眠の悩みの原因として、不規則な生活習慣、自律神経の乱れなどが挙げられます。
人間の体は、朝起きて、昼間に活動し、夜は眠る、というサイクルに合うようにホルモンが分泌され、体の状態が変化しています。昼夜逆転生活や偏った食事などによりサイクルが乱れることで、体が変化についていけず、睡眠に影響が出てきてしまいます。
また、自律神経もそのサイクルに合わせて働いています。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分かれており、健康な方だと昼間に交感神経が、夜間に副交感神経が優位に働くようになっています。自律神経が乱れると、この切り替えが正常に行われず、夜になっても眠くならない状態になってしまいます。

プラセンタの働き

プラセンタには、このような悩みを改善する働きがあります! その働きについて、ご紹介します。

ホルモンバランスを整える

プラセンタは、ホルモンバランスを整える働きがあります。プラセンタには幅広い栄養素が含まれていて、体内で足りていない栄養素をバランスよく補う働ことができるのです。そのため、体内で足りていないホルモンを補い、ホルモンバランスを整えます。
特に、「メラトニン」は睡眠に重要な役割を果たしているホルモンです。メラトニンは、セロトニンというホルモンから作り出され、セロトニンは、アミノ酸の1種である「トリプトファン」から作り出されます。プラセンタには微量のトリプトファンが含まれているので、メラトニンの生成を助けることに繋がります。メラトニンの生成が促されることで、良い睡眠をとれるようになるのです。

自律神経を整える

プラセンタには、自律神経を整える働きがあります。そのため、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われ、体内も睡眠モードに切り替えることができます。睡眠時に副交感神経が優位になることは、とても重要です。副交感神経が優位に働くことで、体がリラックス状態になり、質の良い睡眠ができます。交感神経が優位のまま寝てしまうと、体が興奮状態なのでうまく休むことができず、寝ても疲れが取れにくくなってしまいます。
プラセンタを摂取することで、睡眠時に副交感神経が優位になりやすくなり、質の良い睡眠ができるようになるのです!

プラセンタで良質な睡眠を!

プラセンタの睡眠をサポートする働きについて、ご紹介しました。忙しい日々を送っている方は、睡眠時間が少ないこともありますよね。睡眠時間を長く取れることが1番ですが、睡眠時間が短くても、質の良い睡眠をとれば体は休まります。プラセンタを摂取して、質の良い睡眠を取り、元気な毎日を過ごしましょう!