プラセンタでメンタルケア!自律神経を整えよう!

「自律神経失調症」という病名をご存知でしょうか?現代は「ストレス社会」と言われ、自律神経失調症になる方が増えています。美容成分として有名な「プラセンタ」は、自律神経失調症の改善・予防にも効果的です。今回は、自律神経失調症という病気とは何なのか、プラセンタはどのような効果があるのか、ご説明します。

プラセンタってそもそも何?

プラセンタとは、動物の胎盤から栄養素を抽出した物質のことです。胎盤には、子供が母体で成長するために必要な栄養素が詰まっています。そのため、プラセンタを摂取することで様々な効果が得られます。

自律神経とは?

自律神経とは、生命維持機能*を調整する神経のことです。例えば、心臓や呼吸などがあります。これらの動きは、自分で意識して行えることではありません。
また、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つで成り立っています。人間が起きて活動しているときは交感神経が、寝ていたりリラックスしているときは副交感神経が優位に働きます。その2つが切り替わることで、生命活動が適切に行われているのです。
*人間が生きるために行う体の動き

自律神経失調症とは?

まず、自律神経失調症について理解を深めましょう。理解を深めることで、対策ができるようになります。自律神経失調症を発症する原因と主な症状をご説明します。

原因

自律神経失調症になる原因は、ストレスや不適切な生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。これらの原因は交感神経と副交感神経の切り替えに支障をきたし、自律神経失調症を発症してしまう原因になります。

主な症状

症状として、身体面では動悸や不眠、食欲不振などがあり、精神面でも不安感や元気がなくなるなどの情緒不安定な状態が続くことがあります。

プラセンタと自律神経失調症の関係

プラセンタは、自律神経失調症を改善・予防する効果があると言われています。その効果につながる、プラセンタの作用をご紹介します。

プラセンタには、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。女性は45〜55歳の「更年期」と呼ばれる時期に閉経を迎え、女性ホルモンが急激に減少します。その変化に体がついていけず、自律神経失調症になってしまう方もいます。プラセンタを摂取し、女性ホルモンのバランスが整えられることで、体内の急激なホルモンバランスの変化が緩和し、自律神経失調症になりにくくなります。
また、自律神経失調症の原因として、自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできていないことが挙げられます。女性ホルモンの分泌をコントロールしている場所を「視床下部」と言います。視床下部の働きは自律神経にも影響するため、女性ホルモンのバランスが整えられると、自律神経のバランスの乱れも整えられます。その結果、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにできるようになり、自律神経失調症を改善・予防することに繋がります。

プラセンタで元気な毎日を過ごそう!

プラセンタが自律神経失調症の改善・予防に繋がることをご理解いただけましたでしょうか。プラセンタには、女性ホルモンのバランスや自律神経を整える働きがありますが、不適切な生活習慣やストレスを抱えている状態を改善することが最も大切です。それに加え、プラセンタを摂取することで、より効果が体感できるようになります。ストレス社会と呼ばれる現代では、自律神経失調症は誰でもなりうる病気です。プラセンタを摂取して、元気な毎日を過ごしましょう!