更年期にはプラセンタ!その作用をご紹介します!

年を重ねると不安になってくる更年期。「更年期」や「更年期障害」という言葉を知っている方は多いと思います。では、それらはなぜ起きてしまうか、ご存知でしょうか?更年期障害は、しっかりと原因があって起きています。今回は、その原因と症状、更年期障害の予防・改善に効果的な「プラセンタ」について、ご説明します!

プラセンタとはどんな成分?

プラセンタとは、動物の胎盤から栄養素を抽出した物質のことです。胎盤には、子供が母体で成長するために必要な栄養素が蓄えられています。そのため、プラセンタにはタンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの幅広い栄養素が含まれており、摂取することで様々な効果が得られます。

更年期障害とは?

更年期障害の予防・改善をするためには、それについて知識を深めることが大切です。まずは、更年期障害に関して簡単にご説明します。

更年期

更年期とは、45〜55歳の10年間のことを言います。この時期、女性は閉経を迎え、体内では女性ホルモンの分泌が急激に減少します。この変化に体がついていけず、様々な症状となって不調が出てくるのです。この様々な症状をまとめて「更年期障害」と言います。

主な症状

更年期障害の主な症状は、身体面では肩こりや疲れやすさ、のぼせなど、精神面では不安感や不眠、イライラしやすくなることなどがあります。更年期障害の症状は人それぞれなので、これらの症状以外にも体の不調が起こることがあります。

プラセンタと更年期障害

プラセンタには、更年期障害を改善・予防する効果があると言われています。なぜプラセンタが効果的なのか、ご説明します。

ホルモンバランスを整える!

プラセンタには、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。そのため、更年期で女性ホルモンが減少したときに、女性ホルモンの働きを助けてくれるのです。
、ホルモンバランスが整うことで、自律神経などの乱れも整えられます。そのおかげで、更年期に起きやすいイライラを抑制したり、情緒が安定するなどの良い連鎖が起き始めます!

更年期障害の辛さを緩和する!

プラセンタには、更年期障害の辛い症状を緩和させる作用もあります。
例えば、「肩こり」に注目します。肩こりは、血行不良が原因で起きている場合が多いです。プラセンタには血行促進作用があり、肩周りの老廃物や毒素を流してくれるので、肩こりを改善することに繋がります。

また、更年期障害として「疲れやすい」という症状もあります。プラセンタには、アミノ酸やビタミンが含まれています。アミノ酸は新陳代謝をアップさせる作用があり、古くなった細胞を新しい細胞に切り替ます。ビタミンには抗酸化作用*が強い成分や、エネルギー代謝を助ける成分があるので、細胞の老化を抑制し、エネルギーが適切に生成されるようになります。それにより、疲れた体を回復させる力が強くなるのです。
*細胞をサビさせ傷つける活性酸素から、細胞を守る働き

プラセンタで更年期を乗り切ろう!

更年期や更年期障害、プラセンタとの関係について、ご理解いただけましたでしょうか。更年期は、誰もが必ず通る道です。更年期が必ず来るとわかっているために、最初から何も対策せずにいる方が多いです。しかし、更年期障害はプラセンタで予防・改善ができるのです!さらに、プラセンタには美肌・美白作用などもあります。プラセンタは、更年期の女性には一石二鳥ならぬ、一石三鳥な成分なのではないでしょうか。プラセンタを摂取して、更年期に負けない体を作りましょう!