プラセンタで内側からヘアケア!効果のメカニズムについて

美容成分として人気の「プラセンタ」ですが、美髪・育毛にも効果があるのはご存知ですか?髪は紫外線やドライヤー、ヘアアイロンなどによって、日々ダメージを受けています。トリートメントやヘアオイルなどで外側からケアすることも大切ですが、プラセンタで内側からもケアしていきましょう!

プラセンタってどんな成分?

プラセンタとは、動物の胎盤から栄養素を抽出した物質のことです。胎盤には、子供が母体で成長するときに必要な栄養素が蓄えられています。そのため、プラセンタには細胞の新陳代謝を促進させる働きや、血行を良くする働きなど、様々な作用があります。

プラセンタで艶のある髪に!

髪にダメージが蓄積すると艶が無くなったり、パサつきが出てきてしまいます。プラセンタは、艶のある髪を育てるには最適な成分なのです!その細かいメカニズムをご紹介します。

栄養素を補給

髪の主成分は、タンパク質です。タンパク質はアミノ酸が結合したもので、プラセンタにはアミノ酸が多く含まれています。そのため、プラセンタを摂取すると、タンパク質の合成量が増えることに繋がります。
髪をつくるための原料がないと、何も始まりません。まずは、髪の原料となるタンパク質やアミノ酸をしっかり摂りましょう!

血行促進作用

髪に必要な栄養素を摂取するだけでも美髪につながりますが、より一層効果を体感するためには「血行を良くすること」が重要です!血液は、栄養素や酸素を体の隅々に運ぶ働きがあります。プラセンタには血行促進作用があり、全身に栄養素が運ばれることで、無駄なく吸収できるようになります。
髪に必要な栄養素を摂取しても、血行が悪いと、栄養素が毛根まで届かない場合もあります。プラセンタは血行促進作用があるため、その心配がありません。より効率的に、美髪に近づくことができます!

プラセンタで育毛!

プラセンタは、艶のある髪をつくるだけにとどまらず、育毛を促進する作用もあるのです!

細胞分裂促進作用

プラセンタには「成長因子」という物質が含まれています。これがプラセンタの最大の特徴で、他の美容成分には滅多に含まれていないのです!成長因子は、細胞分裂を促進させる作用があります。
髪をつくりだす細胞を、毛母細胞といいます。毛母細胞は髪に必要な栄養素を受け取り、細胞分裂をすることによって髪をつくっています。成長因子は、この細胞分裂を促進させるので、髪をつくるスピードを速めることができます。

ホルモンバランスを調整

薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因と言われています。この原因は男女共有です。プラセンタには、ホルモンバランスを調整する働きがあります。また、ホルモンバランスが整えられることで、自律神経も安定し、ストレスを感じにくくなることに繋がります。その結果、薄毛や抜け毛が軽減されるのです!

プラセンタで内側からヘアケアを!

プラセンタの美髪・育毛作用について、ご説明させていただきました。ヘアケアと言えば「外側から」というイメージは強いと思いますが、外側からだけだと効果が現れにくくなってしまいます。外側からのケアに加え、内側からも栄養素を補ったり、血行を良くするなどのケアを行うと、より一層効果を得やすくなります。プラセンタを摂取して、艶のあるキレイな髪に近づきましょう!